肌のたるみは、とても嫌ですよね。鏡や電車の窓に映った自分の顔を見るの嫌になっていませんか?

「肌のたるみを改善したい」と思って頭に思い浮かぶのは、徹底したスキンケアですよね。

しかし、肌のたるみは、外側からのケアだけでなく、内側からのケアもとっても重要なんですよ。

肌のたるみに効く成分が入った食べ物を食べることにより、お肌がより健康になり、たるみを改善することができます。

食べ物を食べる方が、たるみに効く高いクリームを買うより、安くて、美味しくて良いですよね。

肌のたるみが気になりはじめてきたという方は、ぜひ食事を見直してみてください。

肌のたるみに効く成分

たるみに効く食べ物を紹介する前に、何の成分がたるみ予防に効果的なのかを話しますね。

肌のたるみに効果的な成分は3つあります。

ビタミンC・鉄分・タンパク質です。

ビタミンCは、コラーゲンを作るのに欠かせない栄養素です。

コラーゲンは、肌のハリをつくる一番重要な成分ですよね。

そのコラーゲンをビタミンCは生成してくれます。

鉄分不足になると、肌のターンオーバーが乱れます。

ターンオーバーが乱れると、肌のキメが荒くなり、これもたるみの原因になるんです。

タンパク質といのは、肌を生成するのに必要な成分です。

タンパク質が不足すると、新陳代謝がわるくなり、肌のたるみを引き起こしてしまうんです。

このビタミンC・鉄分・タンパク質は肌のたるみを防ぐのにとっても重要な成分なので、しっかり栄養をとりましょう!

肌のたるみを防ぐ食べ物

では、次は、肌のたるみを防ぐ効果のある3つの成分が入った食べ物を紹介しますね。

①ビタミンC

ビタミンCは野菜やフルーツによく含まれています。

ピーマン・みかん・いちご・ほうれん草・キャベツ・アセロラ等にたくさん含まれています。

また、煎茶にもビタミンCが豊富に含まれているので、普段から飲むのもとても良いのではないでしょうか!

②鉄分

鉄分と聞いて思い浮かぶのは、プルーンやレバーですよね。

確かに鉄分は豊富に含まれて居るのですが、あまり好きじゃない方もいると思います。

鉄分は他にも、ココア、抹茶、いちご、豆乳、ほうれん草、枝豆、ごま、ひじきからも摂取できるので、好きな食べ物から栄養をとると良いですね。

③タンパク質

タンパク質は、豆類に豊富に含まれています。

納豆・大豆・味噌・豆腐ですね。

また、卵・牛すじ・鳥のささみ・魚などにも含まれていますよ。

今、3つの成分が入った食品を紹介しましたが、どれも、普段から食べれるような身近な食べ物ばかりですよね。

また、コラーゲンが含まれている食品もオススメです!

ぜひ、今日からにでも取り入れてください。

秘訣と嬉しい効果

たるみに効く成分の入った食べ物はぜひ、夜に食べることをオススメします。

バランス良く毎食食べるのが好ましいですが、なかなか難しいですよね。

夜の食事が一番栄養が吸収されるので、とくに夜、たるみに効く食べ物を食べましょう!

また、ビタミンC・鉄分・たんぱく質をきちんと摂取することにより、肌をより健康にしてくれます。

お肌だけに良いわけではなく、免疫力を高めてくれますし、貧血予防や抗ストレス作用にも効くので、ぜひ積極的に摂取してくださいね。

まとめ

お肌のたるみに効果的な成分が入った食べ物を食べることにより、肌のたるみを解消することができます。

肌のたるみには、ビタミンC・鉄分・タンパク質の3つの成分がとても重要です。

また、ビタミンCは、コラーゲンを生成するのに重要な成分でもあります。

コラーゲンは、肌のハリを出してくれる成分ですので、たるみ予防には必要ですよね!

たるみに効く食べ物は、身近にあるものばかりですので、少しずつ普段の食事に取り入れてくださいね。