肌のたるみを防止する

夕方のお肌のたるみ解消の「2大秘訣」とは

夕方のお肌のたるみ解消の「2大秘訣」とは?

夕方になって鏡で顔をみると、お肌がたるんでいて「ぎょっ!」とした経験ありませんか?夕方になると、どうしても朝から昼の疲れがたまり、お肌がたるみがちになってしまいますよね。

朝出かけるときは、ばっちりなんだけど、家に帰る電車の窓に映る自分の顔を見てショックを受ける…という人は多いのではないのでしょうか?

そんな、夕方のお肌のたるみ解消したいですよね。

お肌のたるみ解消は、とっても簡単な2つのことで防ぐことができます。

今日からでもできるので、ぜひ取り入れてくださいね。

1:朝の保湿

朝忙しいからといって、保湿をおろそかにしていませんか?

化粧をするだけでは、お肌は乾燥をしていくばかりです。

お肌のたるみを解消をする一つの方法は、しっかりお肌を潤してあげることです。

どうしても、お肌が乾燥すると、肌のハリがなくなり、たるみがちに見えてしまいます。

とくに、1日中、暖房や冷房の効いた部屋にいると、肌の水分が減って、夕方には元気のない、たるんだ顔になってしまいます。

朝、スキンケアをおろそかにしていた方は、すぐに見直してみてくださいね。

また、化粧水や乳液をハンドプッシュで肌になじませることで、よりお肌が潤いますよ。

夕方、乾燥してきて、肌がたるむという方は、ぜひ取り入れてみてくださいね!

2:血流を促進するストレッチ

夕方のお肌のたるみに効果的なのは、ストレッチです。

長時間同じ体勢でいたりすると、血行やリンパの流れが悪くなってきて、お肌がたるみやすくなります。

ちょっとした簡単なストレッチや意識で解消できるので、いくつかご紹介しますね。

①正しい姿勢

デスクワークをしている人は、猫背になっていませんか?

じつは、猫背は血行不良をもらたす一つの理由なんです。

猫背を治すのは簡単ではないかもしれませんが、普段から意識することは大切ですよ。

また、自分の身長や、机の高さにあったちょうど良い背もたれ付きの椅子を使うことで、簡単に背筋を整えることができます。

②顔のリンパを流す

顔・肌のたるみにおそらく一番効くのが、顔のリンパを流すことです。

簡単にいえば、マッサージですね。

顔には、たくさんのツボがあるので、みなさんが気持ちいいと感じるところを押せば良いだけです。

例えば、こめかみ、頬の上、まゆげの上なんかは、とても気持ちいいとおもいますよ。

人差し指の関節で押すとちょうど良いです。

ただ、マッサージしすぎて、お化粧が崩れないように気をつけてくださいね。

③体のストレッチ

また、簡単な体のストレッチも血行促進をしてくれます。

首の付け根を回したり、少し腰を左右にひねったり、腕を回して肩甲骨をうごかしたりなど、簡単なストレッチで大丈夫ですよ。

こういったストレッチは、デスクワークしながらでもできますし、一目を気にしないでできますよね。

お肌のたるみ以外にも、肩こり、首のこりも解消できるので、一石二鳥ですね。

④眼球トレーニング

これは、直接夕方のお肌のたるみに関係してくるわけではないですが、夕方になると目が疲れてきてしまいますよね。

そんな疲れた目は、顔を暗くみせてしまい、たるんだ肌と合わさると疲れ顔になってしまいます。

目を思いっきり閉じて、開く、また、眼球を360度回す、という簡単なトレーニングで目の疲れを解消することができるので、ちょっとしたときに試してみてくださいね。

まとめ

夕方のお肌のたるみを予防するには、保湿と血行促進です。

保湿は、簡単で朝しっかりとスキンケアをするということですね。

また、何か新しいスキンケア用品をプラスしても良いですね。

血行促進は、お肌のたるみを解消するだけでなく、顔を明るく見せてくれますし、化粧のノリもよくなります。

普段から、意識して、ストッレチをぜひしてくださいね。

みなさんも、保湿重視のスキンケアと血行促進するストレッチを取り入れて、夕方もたるみ知らずな生き生きとしたお肌を保ちましょう!