目元のしわを目立たなくするには

目元のしわは5歳老けて見える!しわに効くアイクリームの選び方!

目元のしわは5歳老けて見える!しわに効くアイクリームの選び方!

目元のしわ、気になっている人多いですよね?目元にしわがあると老けて見える原因になってしまいます。私も鏡を見るたびに、しわが気になる一人です。寝不足の日などは特に気になるんですよね。

最近はアイクリームもたくさんの種類があるので、どれを選んでいいか迷ってしまうと思います。でもどうせアイクリームを塗るなら、価格が安く効果が高い物を使いたいですよね?

目元のしわを防ぐためにも、価格、成分、効果などをしっかりと理解して、アイクリームを選びましょう。自分に合ったものでしっかりとケアすれば、必ず目元のしわは改善されます。

安すぎるアイクリームは、絶対に選んじゃダメ!

目元の皮膚は、顔の他の部分に比べるととても薄くデリケートです。

ですから、目元に使うアイクリームはきちんとしたものを使うようにしましょう。

アイクリームは値段が高ければ良いというものではありませんが、やはりそれなりの値段のものを使った方が安心ですし、効果も出ると思います。

安くても良い成分の入っているクリームもあるかもしれませんが、だいたいは美容成分が少なく、保湿力の弱い物ばかりです。

デリケートな目元のしわを改善するためには、せめて5000円以上のものを使うようにしましょう。

「そんなの高くて買えない!」と思う人もいるかもしれませんが、アイクリームは目元のしわに塗るだけなので、モチがとても良いです。

一度買えば、3か月は余裕で持つので、買う時は高いと思うかもしれませんが、美容成分のたっぷり入った5000円以上のものを買うようにしましょう。

きちんとした成分の入ったアイクリームを使えば、目元のしわに必ず効果が出てきます!

成分をしっかり確認して、自分のしわに合った物を選んで!

目元のしわには、種類があります。

自分のしわの状態を確認して、きちんと合ったものを使わないと、どんなに高いアイクリームを使っても意味がありません。

しわの種類は2種類あり、浅い小じわと深い真皮しわがあります。

浅い小じわは乾燥が原因なので、保湿効果のあるアイクリームを選ぶようにしましょう。

コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸などが入っているアイクリームを使えば、浅い小じわは改善されると思います。

浅い小じわは放置すると目元のたるみの原因になるので、早めにケアするようにしましょう。

次に、しわを指で伸ばしてもなかなか治らないのが真皮しわです。深い真皮しわは、肌のハリがない状態になっています。

真皮しわはコラーゲンが足りていない状態なので、コラーゲンの生成につながるペプチドが入ったアイクリームを使うようにしましょう。

肌のハリを生むエラスチンが入ったものも効果があると思います。

目元の皮膚はとってもデリケート!アイクリームは伸びの良いものを

先ほども紹介したように目元の皮膚はとてもデリケートです。

アイクリームを塗るときに何度も強くこすって塗ると、目元のしわの改善どころかたるみの原因にもなってしまいます。

アイクリームは優しく塗るようにしましょう。

そのためにも、アイクリームは伸びのいいものを使う事が大切です。

伸びのいいアイクリームは、肌にスーッと入り込んでくれてこする必要がないからです。

反対に、固めのテクスチャーで伸びの悪いクリームは肌に浸透させるために何度もこする事になってしまいます。

たるみを作らないためにも、アイクリームは伸びの良いものを使うようにしましょう。

アイクリームはたっぷりと塗る事が大切!

目元のしわを改善するためには、アイクリームをタップリ塗って保湿する事が大切です。

もったいないからといって、少なめにアイクリームを塗っても効果はありません。

せっかく高いアイクリームを買っても、少しずつ使って効果が出ない方がもったいないですよね?

そうならないためにも、アイクリームはたっぷり塗るようにしましょう。