エリクシールシュペリエル 年代

エリクシールシュペリエルが向いている年代はかなり多そうです。
ここではエリクシールシュペリエルがどんな年代の方に向いているのかをもう一度考えて直してみました。

エリクシールシュペリエルがほしい方は該当の年代と照らし合わせてみてくださいね。

エリクシールシュペリエルが向いている年代とは

向いている年代は、エイジングケアが必要になる30~40代です。

「肌がなんとなく調子が悪い」「いつものスキンケアが肌に合わない」「いつものスキンケアでは物足りない」という肌の曲がり角を迎える年代は30代からになります。

資生堂の調査によると、30代になって3回肌の曲がり角を感じる女性が多くいるという結果が出ています。

1回目は30.4歳、2回目は34.5歳、3回目は38.0歳。

エリクシールシュペリエルは肌の曲がり角を解消するために、30代からのエイジングケアとして使用している女性が多いのです。

30代になり気になってくる肌悩みはシミやたるみ、毛穴ですね。

エリクシールシュペリエルにはこれらの悩みを解消してくれるm-トラネキサム酸やコラーゲンGL、マンダリンオレンジCPなどが配合されています。

これらの成分が肌にハリとうるおいを与え、透明感のある肌へと導いてくれるのです。

20代で使っても大丈夫なのか

エリクシールシュペリエルが向いている年代は30~40代ですが、20代で使っても大丈夫なのでしょうか?

20代後半になると、今まで感じなかった肌の不調や肌の曲がり角を感じることも多くなります。

資生堂の調査では1回目に感じる肌の曲がり角は平均30.4歳であることから、実際には20代後半から肌の悩みが増えるということでしょう。

対象となる年代は違いますが、20代だから使ってはいけないということはありませんよ。

50代で使っても大丈夫なのか

エリクシールシュペリエルは、対象となる年代と異なる50代が使っても大丈夫です。

けれど、基本の化粧水や乳液、美容液だけではあっさりしすぎていて物足りないと感じると思います。

エリクシールシュペリエルには「エンリッチドクリーム」「エンリッチドセラム」「スリーピングジェルパック」などのスペシャルケアアイテムが出ているので、物足りないと感じたらこれらを追加して使うといいですよ♪

10~20代前半は向いていない

エリクシールシュペリエルは20代で使っても大丈夫ですが、皮脂の分泌量多くニキビやテカリの悩みが多い10~20代前半には向いていません。

シミやたるみ、毛穴などの悩みを解消することはできますが、ニキビやテカリの悩みに対して十分な効果は期待できないのです。

自分の年代に起こる肌トラブルを理解して、肌トラブルを解消・改善できるスキンケア商品を見つけることが大切ですよ。

本製品を購入する前にトライアルセットを試そう

向いている年代だからといって、実際に使ってみないと肌に合うかどうかは分からないですよね。

公式サイトではたっぷり1週間使えるトライアルセットが販売されています。

セット内容は「リフトモイストローション30ml」「リフトモイストエマルジョン18ml」「デーケアレボリューション5ml」の3つです。

送料無料の1080円(税込)なので、とても安いですね♪

これら3つの本製品を揃えるとなると、1万円以上かかってしまいます。

もし、肌に合わなかったら悲しい思いをしてしまうので、まずはトライアルセットを試してみることをおすすめします。

【必読】エリクシールシュペリエルが向いている年代とは?:まとめ

エリクシールシュペリエルが向いている年代は、エイジングケアが必要となる30~40代です。

しかし、肌の曲がり角を感じたらどの年代でも使ってOK!

20代後半から肌トラブルを抱えている方は多く、いつものスキンケアが合わなくなったり物足りなくなってきたりするため、エイジングケアが必要だと感じたら使って大丈夫ですよ。

50代は基本の化粧水や乳液、美容液だけだと物足りなく感じると思うので、エンリッチドクリームやエンリッチドセラムなどのスペシャルケアアイテムを追加して使うといいですよ。

まずは、トライアルセットを試して肌に合うかどうかを確かめましょうね♪

>>【WEB限定セット】エリクシールシュペリエルが1080円でお試しできる