リンクルクリーム ポーラ リンクルショット
美容液やクリームなどをまとめてクリームと呼んだり、商品の本来の名称で呼ばずに間違えて呼んでいることって案外ありますよね。

目元や口元用の美容液やクリームをまとめてリンクルクリームと呼んでいることも例外ではなく、特定のブランドの商品名になっているものを名称として呼んでいることもあります。

ポーラはエイジングケアや美白に力を入れているブランドとして知られていますよね。

ポーラのスキンケア用品をライン使いしているという方も多いでしょう。

そんなポーラからもリンクルクリームが販売されているのでしょうか。

リンクルクリームという名称であっているのでしょうか。

ポーラから販売されているリンクルクリームって?

クリームや美容液というのは、その効果が何にせよ化粧水や乳液と同じように名称として呼びやすいですよね。

ポーラからも目元や口元用の製品が販売されていますが、その名称はリンクルクリームではありません。

高価や効能が似ていることからリンクルクリームと間違えて呼んでいる人もいるのでしょう。

ポーラから販売されているものは“リンクルショット”です。

リンクルショットはベストコスメ14冠を受賞したり、世界中で36万人以上がその効果を体感していることでも話題となっています。

ついついリンクルクリームと呼びたくなってしまいますが、正しくはリンクルショット メディカルセラムです。

リンクルショットはシワを改善する薬用化粧品として日本で初めて認められています。

ポーラの視点からシワを改善する効果にスポットを当て、ポーラ独自の医薬部外品有効成分ニールワンを配合しています。

リンクルショットは20g16200円(税込)、ポーラのお店や百貨店などでの購入が可能です。

リンクルクリームはお手入れの一番最後に使用することが多いのですが、リンクルショットは化粧水のあとに塗り、ミルクでふたをします。

ポーラ製品の美容液を併用する場合は、リンクルショットが一番最後にくるように使用しましょう。

リンクルショットを目元に塗る場合は、指先に美容液をとり、シワが気になる部分になじませていきます。

指先で塗る方法以外にも、リンクルショットはチューブタイプになっているのでチューブの先端の斜めになっている部分を肌にあてて使用する方法があります。

この場合、直接チューブを肌にあてて美容液をおき、その後指先で馴染ませていきます。

朝も夜も使うことができるので、毎日2回しっかりとお手入れをしていきましょう。

リンクルショットの口コミは!?

2017年のベストコスメを受賞していることもあり、口コミの件数もかなり多くなっています。

また評価も高く、口コミも良いものが目立ちます。

ポイント1:良い口コミ

◎あきらかにほうれい線の長さが変わった
◎1本で2ヵ月以上使えてコスパが良いと感じた
◎かためのテクスチャーで肌に浸透していくのを感じる
◎さらっとしてべたつかないので使いやすい
◎即効性はないが、継続することでしっかりと効果を実感できる

効果を実感したという口コミをみてみると、長期間使い続けて効果を実感したという方が多いように感じました。

できしてしまったシワはそう簡単には消せないことがわかりますが、根気よくケアを続けていくことで効果を実感できるというのはやりがいがありますね。

ポイント2:悪い口コミ

肌に合わなかった、効果を実感できなかったという口コミがあるのかどうかもチェックしておきましょう。

◎半年間、目元とほうれい線に使ったが効果を感じられなかった
◎肌トラブルはないが、これといって効果もない
◎さらっとしていて物足りない
◎値段が高い

長期使用しても効果を実感できなかったという口コミも存在していました。

また何度かリピートしたけれど効果を実感できず、決して安いものではないので次回の購入を考えてしまうという旨の口コミもあります。

値段と効果が伴っていると考えるかどうかで評価が大きく変わりそうです。

ポーラから販売されているリンクルクリームとは!?:まとめ

ポーラから販売されている目元や口元のシワ改善美容液はリンクルショットです。

愛用者の口コミをチェックしてみると、良い評価が目立ちますが悪い評価も存在していることがわかります。

ポーラのリンクルショットの購入を考えている方は、お近くのポーラのお店または百貨店に足を運んでみてくださいね。