リンクルクリーム 資生堂
目元や口周りのケアしていますか?

目元や口周りは他の部分に比べてシワが目立ちやすく、また自分でも気になる箇所でもありますよね。

そんな目元や口周りのケアをしているのとしていないのとでは、見た目の若さにも影響しますし、化粧ノリにも影響をもたらします。

様々なメーカーからリンクルクリームや美容液が販売されていますが、今回は資生堂のリンクルクリームに的を絞って見ていきましょう。

資生堂のリンクルクリームといえば、なんといってもエリクシールから販売されているエリクシールシュペリエル エンリッチドリンクルクリームSです。

エリクシールシュペリエルは「つや玉」をキーワードとして販売しているブランドで、肌の内側から輝くようなツヤ感や透明感を大事にしています。

そんな資生堂のエリクシールシュペリエルから販売されているリンクルクリームは、どんな効果があるのでしょうか。

また資生堂のリンクルクリームはどのような人に向いているのかも見ていきましょう。

資生堂のリンクルクリームと言えば

上で記載したように資生堂のリンクルクリームと言えば、エリクシールシュペリエルのエンリッチドリンクルクリームS!

美容濃密リンクルクリームと表される程の濃密な成分を配合し、シワを改善していきます。

資生堂のリンクルクリームの魅力は何といっても“有効成分純粋レチノール”を配合し、シワを改善する新効能の認可を日本で初めて受けたことにあります。

ポイント1:シワの原因

シワができる原因となるものは、ターンオーバーの乱れや、加齢によるもの、水分を保持する機能の低下などがあげられます。

肌の水分が不足してしまうと肌が硬くなってしまい、いつもせわしなく動いている目元や口元にシワが刻まれやすくなってしまうのです。

だからといって表情を固定することはできませんし、目元や口元を動かさないでいることは不自然であり不可能でもありますよね。

そこで、シワの原因を防ぐため、うるおいを保持するために有効成分純粋レチノールの力を借りようというわけです。

ポイント2:有効成分純粋レチノールの働き

有効成分純粋レチノールは資生堂の101年に及ぶ化粧品研究の成果であり、この成分を使用したリンクルクリームがエリクシールに存在しているのです。

純粋レチノールは表皮角化細胞でヒアルロン酸の生産を促すことから始まります。

またシワの原因として角層水分量の低下によるうるおい不足があげられますが、この部分の水分量を増加させていきます。

肌の水分量を増やしうるおいで満たすことで、肌を柔らかくしていきます。

硬くなってしまった肌を柔らかくすることでシワ改善に働きかけるのです。

資生堂のリンクルクリームはどう使う?

エリクシールシュペリエル エンリッチドリンクルクリームSは、目元や口周りのシワが気になる人に向いています。

シワだけではなく、水分量が足りていない乾燥が気になるという方にもおすすめです。

部分用のクリームとなるため、朝夜共に気になる部分にパール粒1個分を手に取って塗っていきます。

朝に使用する場合は、日中用の乳液の前に使用し、夜に使用する場合はお手入れの最後に使用するようにしましょう。

注意すべき点は、
◎レチノールが配合された他の商品を併用する場合は一度に複数の併用は避けること
◎初めて使用する際は、最初の2週間は夜のみの使用を2~3日間隔で使用する
◎徐々に使用回数を増やし、肌に合うか様子をみること
◎皮膚トラブルが起こりやすい方や肌が敏感な時の使用は避ける

といったことが大事となります。

目元や口元のシワが気になるため、多めに塗りたくもなりますがトラブルを避けるためにも使用回数や使用量は守るようにしましょう。

資生堂のリンクルクリームと言えば?どんな効果があるの!?:まとめ

資生堂のリンクルクリームにはエリクシールから販売されているエンリッチドリンクルクリームSがおすすめです。

30代、40代、50代と幅広い年代に人気のクリームであり、肌の内側からシワのケアをすることができます。

目元、口元が最近気になりだしたという方はぜひチェックをしてみてください。